昨年のラグビーW杯の活躍が次回日本開催に夢を繋ぎました。




11月になって寒い日が続くようになっていよいよ本格的に

ラグビーシーズン到来です。


今年は先月にミスターラグビーこと平尾誠二さんが亡くなって

日本中のラグビーファンが悲しみに沈んでいますが

平尾さんのラグビーを愛する心を皆が受け継いで

ラグビーワールドカップはいよいよ

2019年に日本で開催されます。


日本中が興奮の渦の中に巻き込まれるのを

今から待ち遠しいです。



ラグビー界も次世代をけん引する選手が出てきています

サントリーサンゴリアスの松島幸太郎さんです。


昨年の【ラグビーW杯2015】の活躍は素晴らしかったです。

攻守に異次元の動きを見せてくれました。

特に、日本が劇的な逆転勝利に沸いた南アフリカ戦です。

 ラグビーの長い歴史の中でこんな素晴らしい試合を見られるなんて

本当に嬉しくて幸せを噛み締めている人が多いと思います。


_85644181_japan_celebrate6.jpg
※http://blog-imgs-83.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/_85644181_japan_celebrate6.jpgより引用


この試合は、日本人だけでなく、世界中の人々に感動を与えた。

(但し当事国、南アフリカを除く)


体の小さな東洋人を主体にしたチームが果敢に、2mを超える巨人に立ち向かう姿は

見ていて(柔道で言う”柔能く剛を制す”的な)爽快感があった。


スポンサーリンク





 今まで、ラグビー強豪国と言われる国々に大人と子供がやっているような試合で

コテンパンにやられていたので、溜飲が下がる思いである。


 なぜ、頭一つ大きな外人が、あんなに素早く動けるのか、

不思議でしょうがなかった。


普通に考えれば、デカい奴は、動作が鈍いのが常識だろうが?


ラグビーにおいては、外人はデカくて速いので、もうお手上げだと考えていた。


しかし、今回は違った、デカくて速い外人を良く止めているんですねえ。


そしてパス回しも、昔に比べて、かなり早いんですねえw( ̄△ ̄;)wおおっ!


これはヘッドコーチの エディー・ジョーンズ氏の指導の賜物かもしれません。


 そして、何より違ったのが、ラグビー強豪国相手でも、 物怖じしない精神的な

強さ、これは最後の10分間の攻撃に、如実に表れています。


karne-hesketh-winning-try-japan-vs-south-africa-exlarge-169.jpg
※http://www.cnn.co.jp/storage/2015/09/20/404113f402aafa1e16dfcafb5242adb8/karne-hesketh-winning-try-japan-vs-south-africa-exlarge-169.jpgより引用


 絶対に勝つんだ、勝てるんだと言う気迫が怒涛の攻撃を後押ししていました。


後半終了間際の、相手側の反則をトライを狙わずに、

ペナルテイーキックで3点を獲得した、南アフリカに対して、

日本は、同様なチャンスに、トライにこだわった。


一歩間違えば、無謀な賭けだが、

平尾誠二さんのラグビーを楽しもうという考え方が

どこかしら日本ラグビーに浸透してきて、勝敗にこだわらず

好きなラグビーに集中しようという そんな直向きさに

チャンスの神様が微笑んだのかもしれません。

関連記事
「ミスター・ラグビー」 平尾誠二 早すぎる死に ファン が悲しみに暮れた日

ラグビー日本代表・捨て身のタックルでサモアの怪力軍団の足を止めた!