堂本光一は最高のエンターテイナーだから出来る?シャイな毒舌家!

堂本光一は『SHOCK』で最高のエンターテイナーぶりを発揮していますが また彼は毒舌家としての一面を持っています。 対外的には、良いか悪いかは別にして、堂本光一を愛して止まない ファンとの間では受け入れられているのでしょう? 究極のエンターテイメントを追及して止まない、 ストイックなまでの求道者としての緊張から、 わずかでも…

続きを読む

堂本光一の愛するもの ”車””F1””仕事”?

堂本光一の車好きは、一般に知られていることですが、 彼の一途にのめり込んでいく性格から、 1999年には、 国内A級ライセンスを取得しました。 車好きも趣味の世界をはるかに超えた領域まで来てしまいましたね。 ※http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=12ljsk4on/EXP=1444415532;より引用 …

続きを読む

堂本光一『徹子の部屋』での語り口

堂本光一が9月11日放送の『徹子の部屋』に出演した時の印象的な 言葉を集めてみました。 今年のカウントダウンコンサートに黒柳が乱入?して、ステージを仕切って しまった時の光一の言葉は「さすがだなと思った」「黒柳さんがステージに 上がった途端に、すべてが黒柳さんの空間になった」と大人の発言、 司会進行をやらせても、非凡なものがある…

続きを読む

源博雅(堂本光一)の笛で美しき白拍子が平安京の雅な世界に舞う

     平安時代に宮中で笛の音に合わせて舞う、美しい白拍子「青音」は、実は 150年以上前に亡くなった長屋王のお妃が身ごもられた娘御の化身だった。     「青音」の父、長屋王は、対立する藤原氏の陰謀といわれる長屋王の変で 自害した為、「青音」もまた藤原氏には強い恨みを持っていた。     しかしながら青音「山本美月」の美しさは…、こんな物の怪だったら、 …

続きを読む

演出家として堂本光一「SHOCK」を創り上げる!

NHK特番ドキュメンタリー「堂本光一 すべてはステージのために~ 究極のエンターテイメント『SHOCK』~」より演出家として堂本光一 を追ってみました。 共演者への殺陣の演技指導で、ある一瞬をとらえて 「こうして構えた時に…こうなっちゃってる(踊りになっちゃってる)」 「絶対に下げる、腰は…これがしんどい!」 正統派の殺陣は、ダンス…

続きを読む

堂本光一『SHOCK』“階段落ち”満身創痍の未来への挑戦

堂本光一が、ミュージカル『SHOCK』で見せる、“階段落ち”は彼の ショーマンシップの表現方法で、舞台に命をかけて取り組んでいる 彼の魂の顕現方法でもあります。  危険を伴う、あのパフォーマンスは、アイドルであり、看板役者である 堂本光一が、自らやる必要があるのか?それは、周囲の関係者一応の意見 であり心配である。 ジャニーズ事務所の…

続きを読む

堂本光一の精神性"Show Must Go On"舞台が命

堂本光一と言う男、まるで舞台の申し子のような男である。 これほど舞台を愛して止まない男はちょっと見当たらない。  思えば、15歳の頃から「歌も踊りも芝居も全て入っているミュージカルをやりたい」 と自分の道をハッキリと示す、発言をしている。 芸能界と言う特殊な世界の事情や、ジャニーズ事務所の特異性 からしても、この発言は際立った、個性や強い精神性を示し…

続きを読む

KinKi Kids 『硝子の少年』ミレニアムに問うシュールな世界

「硝子の少年」は、1997年発売のKinKi Kids のデビュー曲である。 累計発売枚数265万枚のミリオンセラーとなった。 この楽曲を制作する際、作詞者の松本隆と作曲者の山下達郎には、 ジャニー喜多川らからオリコンチャートでの初登場1位とミリオンセールス が必要最低条件として課されていたと謂う。 当時から、超一流の作詞家と作曲家を起用…

続きを読む

堂本光一が贈る「Endless SHOCK」の舞台が輝きを増す時

 日本一取りづらいチケットと言われている,ミュージカル 「Endless SHOCK」これは、堂本光一が、牽引しているのは 役者としてだけでなく、彼の人間力としての、オーラが 異彩を放っているに他ならない。 主演だけでなく、自ら舞台の、脚本・音楽・演出にまで 関わっているのは、勿論、皆さんの周知の事でしょう。 「目の前にある仕事に対して…

続きを読む

堂本光一 陰陽師 で華麗なる殺陣を舞う

 芥川龍之介の羅生門を彷彿させる,宮処(みやどころ、みやこ)の街も 人の心も全てが荒廃した、魑魅魍魎が跋扈する妖しい時空間を 今は昔で始まる『今昔物語集』「本朝世俗部」と呼ばれる仏教色の薄い 作品群の中から巻二十四を題材に夢枕獏さんが全世界で実に600万部を超える ベストセラー小説にした「陰陽師」のドラマ化です。 ※http://pictus.at.…

続きを読む